産業廃棄物

産業廃棄物を処理する際に必要とされるベルトコンベアをはじめとした産業選別。
産業廃棄物を適切に処理し、再生、再利用を行う際には産業選別が必要となってきます。
ここでは、産業選別と産業廃棄物について特集していきます。

■産業選別とは
産業廃棄物をはじめとした廃棄物を処理する際に必要なベルトコンベアがそれにあたります。

■産業廃棄物とは
産業廃棄物には様々な種類があります。
燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類など20種類が制定されています。また、その処理物も含まれています。
廃棄物の処理及び清掃に関する法律である産業処理法の第2第4項で定義した廃棄物です。
あらゆる事業活動に伴い発生する物があります。
ここで定義する事業活動とは、製造業や建設業等に特定されません。その他の商業活動、学校等の公共事業もその中に入っています。
燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック、ゴムくず、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず、がれき類、ばいじんがそれにあたります。
特定の事業活動に発生するものもあります。
定義される20種類を下記に記載いたします。
紙くず、木くず、繊維くず、動物性残さ、動物系固形不要物、動物のふん尿、動物の死体がそれにあたります。

法的に定められれいる用語ではありませんが、「事業系一般廃棄物」という呼び方があります。
事業活動に伴い排出される廃棄物でありながらも、一般廃棄物に該当するもののことです。

また、上記以外で保管方法や処理方法が違う物もあります。
それらを「特別管理産業廃棄物」として分けております。
爆発性、毒性、感染性などがあり、危険なため、分類しております。



おすすめサイト

産廃の破砕機の購入ならここ!|有限会社林製作所